月別アーカイブ: 2017年7月

椅子を変えれば、慢性的な腰痛はきっと直ります。

私はデスクワークが多く、主にパソコンでの作業を日に8時間以上こなさなければなりません。

休憩時間にストレッチ運度を行うなど、気を付けてはきたのですが、やはり仕事に没頭すると、忘れてしまいますし、また姿勢も悪くなってしまいます。

このせいか、35歳を過ぎたころから、慢性的な腰痛を感じるようになってしまったのです。

本来人間というものは二足歩行の動物ですので、背骨というのも立った姿勢にあった構造になっているそうです。

この意味では座るという馴染みがある姿勢も、本来は不自然な姿勢であるわけなのです。

特に椅子が悪い場合、自分の身体にあっていない場合は、とてもよくありません。

慢性的に不自然な不可がかかり、これが腰痛につながってしまうというわけなのです。

そこで、私は奮発して、高いオフィス・チェアを購入することを決意しました。

いい加減40近いおっさんなので、少しぐらい仕事につかうもので贅沢してもよいだろうと思ったのです。

そしてネットショップングなどで、調査を重ねると、アーロンチェアというものが評判が高いということが分かりました。

なんと10万円ほどもする高級な椅子なのですが、すわり心地の評価は非常に高かったです。

まず、自分の身体にあった者というのが、椅子選びの鉄則といわれているので、稼働部分が多い椅子、つまり調整が細かく出来る椅子というのがいいのです。

高さは当然として、ひじの高さ、腰のサポート部分の隙間調整など、調整出来るものが望ましいです。こうなってくると、やはり5万円ぐらいは、かならずかかってしまうようです。

さて、家具屋で実際座ってみようと思ったのですが、近所の家具店などには置いていませんでした。

そこで横浜まで出かけて行って大塚家具に行きました。

非常に高級路線なので入りにくいのですが、物は完璧に近い品ぞろえで、ゆったりとすわり心地を試すことができるので、大変おすすめです。

座ってみると、アーロンチェアはやはり別格でした。座っただけで正しい姿勢になっているのがすぐに実感できました。

ひじの部分も調整できるし、パソコンを行う時も助かります。腰のサポートも調整してみたところ、ぴったりとした位置に変えることができました。

大塚家具には申し訳ありませんが、帰った後ネットショッピングで同じものを安く購入しました。

それいらい慢性的な腰痛とは無縁になりました。高い買い物でしたが、針治療やら整体など行くお金を考えたらよい腰痛対策だったと思います。