rarasa のすべての投稿

モットンの悪評ってどうなのよ!いまをときめくマットレスの真相

モットンは悪評もありますが、実際のところはどうなのでしょうか。

今回は専門家の視点で解説をしていきます。

モットンの悪評ってどうなの?その真実と本当の効果

今私が使っているマットレスは、使いだしてからもう13年になる低反発マットレスです。
それまでは嫁入り道具として母が持たせてくれた綿の布団を使っていました。
その布団が結婚10年を過ぎる頃から、劣化して外側の記事も破けてボロボロになってしまいました。

しかし当時とても私が欲しがっていた低反発マットレスは値段も高いし、どうしようかと迷っていたのです。
そんな時にニトリ(皆さんお馴染みですよね?)で買えばそんなに高くないんじゃないか、と夫が言ってくれたのです。

そして自宅からは車で30分以上かかるニトリへ私を連れて行ってくれたのです。
実際に値段は1万円しないくらいで、夫も10年近く使う事を考えたら、安いくらいじゃないかと言ってくれたので、
私は念願の低反発マットレスを買う事ができたのです。

我が家はフローリングの床に直接布団を敷いて寝ていますが、
普通の綿の布団だと床の硬さを感じて寝苦しい事もありました。
冬は床に溜まった冷たい空気のせいで、寒い思いをしました。
でも、低反発マットレスに寝るとそう言った不満は一切感じなくなりました。

硬めのマットレスが身体をシッカリと支えてくれるためか、寝起きに腰が痛くなる事も無くなってとても快適に眠れるようになったのです。
私は夜中に雷が鳴っても、地震が起きても目が覚めない事がよくあるのですが、
これは低反発マットレスに寝ているからかも知れないと思っています。

低反発マットレスは綿の布団のように頻繁に日光に当てて干さなくても良いし(日光に当て過ぎると、反ってマットレスが劣化します)、
良い事尽くめのように感じますが、そうではありませんでした。

いくら日光に当てなくても良いとは言え、やはり寝汗などが気になりますから、たまには外の空気に当てる事が必要です。
ところが寒い季節はとてもマットレスが固くなって、ベランダの手すりにかけるのも一苦労なのです。
それまで使っていた綿の布団と比べると、低反発マットレスは一見薄くてコンパクトです。でも、とても重いのです。
薄くても床の硬さや冷たさを感じないのですから、それも当然なのかも知れません。

でもその重いマットレスが冬になると固くなるのですから、扱いづらくて大変なのです。

ただ私は通気性の悪さはあまり感じませんでした。夏もシーツを夏用に替えますが、変わらずに低反発マットレスを使っています。
綿の布団で寝ていたときの方が、自分の身体の下に熱が溜まってしまって寝苦しかったように思います。
それから綿の布団を直接フローリングの床に敷いていると、布団にカビが生える事がよくあります。
寝ている時、寝汗が出ても下がフローリングでは、畳と違って湿気の逃げ場がないのでしょう。
でも低反発マットレスにカビが生える事はありませんでした。

ちょっと重いけど寝心地満点の低反発マットレスですが、長期間使ったために
もう買い替えの時期が迫っているようです。私も53歳になりました。
これからの事を考えると、重い布団を干したりするのは負担になると思います。
今度はもっと軽い素材でしかも寝心地の良い物を探したいと思っています。”
“娘2人のベッドのマットレスがもう寿命を迎えていると思います。
マットレスを手で押すと、全く押し返してきません。これでは寝ている間に身体の重みで沈んでしまって、腰が痛くなりしそうです。
娘たちが小学生の頃に買ったベッドのマットレスなので、寿命を迎えても不思議はないのです。
もう買ってから10年以上が経っています。

ゲームのやりすぎで痛くなった腰もモットンで解決

新しく買うのは構わないのですが、古いマットレスの処分を考えると、中々先に進めません。
娘たちの部屋は2階にあるので、古いマットレスを1階に降ろすことを考えるだけで、もう面倒になって来ます。
20年前なら新しいマットレスを購入すれば、古いものを引き取ってくれる家具店はたくさんありました。
引き取ってもらえなくても、古いマットレスを粗大ゴミとして捨てる事も簡単でした。

今は自力でゴミ収集センターに持っていくか、ごみ収集センターに電話で依頼して取りに来てもらうしか方法はありません。
自力で持って行ったとしても、ベッドのマットレスは処理代を取られます。
取りに来てもらえば、さらに料金はかさむし、当日は家にいて作業に立ち会わないといけないのです。

ベッドのマットレスの処理代を取られるのにはわけがあります。
マットレスの中には金属製のコイルがたくさん入っています。
そのコイルが寝る人の身体を支えてくれるのですが、ゴミとして処理される時には、コイルを分別しなければなりません。
他のゴミのように機械に入れて粉砕する、と言うわけには行かないのです。

ではどうするのかと言うと、職員の人が一々手でマットレスの中のコイルを取り出しているのです。
私は偶然ゴミ収集センターに行った時に目撃したのですが、中々1度では終わらない面倒な作業に見えました。
処理代を取られるのも仕方がないな、と感じました。
このように古いマットレスを処分するのには、色々な面倒を乗り越えなくてはならないのです。

その中には今、超話題で人気になっているモットンのマットレスもありました。確かに悪評もありますが実際に使ってみると非常に寝心地がよくおすすめできるマットレスだという事がわかります。

モットン悪評の公式サイトにはこのようにその詳細が注意喚起されております。

これは2番目に多かったモットンの悪評ですね。

値段に関しては人それぞれ価値観も違いますし、何とも言えないのが正直なところではあります。

しかし、客観的に考えると、、、

その品質を考えると非常にコスパの良いマットレスだと言えるでしょう。
出典:モットンの悪評

このように、モットンは非常に良いマットレスだという事はvidogcodeも解説している通りなのです。

でも、ベッドを買ったその日から。マットレスの劣化は始まります。
毎晩7~8時間も使うのですから、仕方がありません。
コイルはいつかバネとしての働きができなくなり、人の身体を支える事ができなくなるでしょう。
マットレスは消耗品なのです。捨てる日が必ず来ます。面倒とばかりは言っていられないのです。

今はお店から自分で持って帰れる、コンパクトなベッドのマットレスがあるそうです。
それが作れるのなら、最後に使い終わって処分する時の事を考えてベッドのマットレスを作って欲しいと思います。

モットンのように長く使えるマットレスは別として寿命が来たら、自分で分解してコンパクトに出来て、ゴミとして捨てるのが簡単なマットレスがあれば、私は喜んで買います。
ごみ収集センターの職員の方の仕事も減るでしょうから、一石二鳥です。
または手数料を払ったら、古いベッドのマットレスを処分しますよと言うサービスがある店なら、私は喜んで買い物するでしょう。

ベッドで寝るならどうしても必要なマットレス、そして必ず寿命が来るマットレスだから、
ぜひ捨てる時の事も考えて作って欲しいと思うのは私だけでしょうか。
本当にベッドのマットレスを作る企業、そして売る企業には頑張って欲しいと思います。モットンおすすめできます。

整形外科と整骨院、それにカイロプラクティック

腰痛を患ってからかれこれ二十数年になります。最初に椎間板ヘルニアを患い、歩くことも厳しくなりました。

一年間の保存療法のあとに手術。数年後に少しずつ坐骨神経痛が再発。自分の経験をもとに整形外科、整骨院とカイロプラクティックについて書いてみようと思います。

整形外科

整形外科は症状を診断してくれるところです。

MRIやらレントゲンが常備されているので診断は比較的正確だと思います。

ただすぐに症状は緩和してくれません。

薬をもらうか外科手術。私の場合、手術で一時期痛みは解消しました。その後再発しましたが以前ほどの痛みではありません。

整骨院

保険の効くマッサージ屋さんというのが私の感想です。

健康保険が使えるので安いですが、時間が短いのが難点です。

終わったあとになにか物足りなさを感じます。

電気や超音波治療器などの機器があるのでそれが好きな人はいいかもしれません。

ただ最近は安いマッサージ屋さんも増えてきました。

技術も人によりけりですが、うまい人は下手な整骨院よりも全然いいです。

申し訳ないのですが、私はさほど柔道整復師の免許を信頼していません。マッサージのうまさは、才能x経験だと思っています。

カイロプラクティック

知り合いに勧められて数件ほど行ったことがあります。

正直イマイチでした。

個人的な感想として、カイロプラクターの人は思い込みが強いキャラクターの人が多いように思います。

こうすれば絶対治る、外科手術は絶対だめとか。一種の宗教のような気さえします。

実際良くなったという人が薦めてくれたのですが、腰痛や肩痛はほっとけば自然と治るものもあります。

彼らの良くなったというのもカイロではなく自然に治癒しただけなのではという気もします。

つらつらとネガティブな事を書いてしまいましたが、皆さんそれぞれベストを尽くして治療をしていただいたと思うのでそれに関しては感謝しているつもりです。

私の場合は地道なストレッチと体重管理で随分楽になりました。

あとは定期的にリフレクソロジーいってほぐしてもらっています。

治してもらう訳ではないですが確実に楽になりますので。

それから経験から言うと、整形外科医とカイロプラクターはお互いに対して否定的かなと思います。

一度整形外科医の前で、カイロプラクターにMRIを見てもらった話しをしたら彼らに画像の診断ができる訳がないと激高されました。

カイロプラクターの人は外科手術に否定的な人が多かったです。

もう少しお互い手を取り合って腰痛という人類の大問題に取り組んでほしいところです。。

必見!妊婦時の腰痛を助けてあげてください。

今はもう出産も終わり育児も中期になり腰痛も少なくなりましたが、妊婦5か月前後から少しずつ少しずつお腹も大きくなり、それに連れて腰痛も少しずつ少しずつ増えました。

1人目出産時は旦那も優しく付き添い等もありましたが、2人目出産時からは、お互いがもう慣れたもんでそれ程気にも変けず腰が痛いとか肩が凝るとか吐きっぽいとか言ってみても、旦那もそれほど優しい言葉もかけてくれず、普通通り家事育児、更には旦那自身のことまでやらされました。

だから女は強くなっていくんですね。

家の事や町内の事、子供の事、近所の事など強くならなければやっていけない事ばかりです。

旦那は私が家に居ると暇人暇人と何度も小ばかにしたりして腹立つこともありますが、まあ外でお仕事頑張っているから何とかうまくやています。

出産時2人目からは、もう忙しくて階段も駆け足で上がったり下りたり、子供を送ったり一人でなんとかやっていた事は旦那は分かっていないんだろうなと思っていました。

姑は同じ女として出産経験があるから、この件に関してはよく理解してくれています。

大きなお腹抱えて動く事がどんなに大変かという事に。夜眠る時も寝返りする時も大変で、腰がバキバキ鳴ってました。

昼間横になりたい時、畳でゴロっとするとさあ大変!腰の関節が外れそうな感じで痛くて痛くて動けませんでした。

初めて出産される方は特に大変です。世の中の旦那さんにお伝えしたいです。

2人目だろうが3人目だろうが、何人目の妊婦であっても腰痛はあります。

忙しくて家に帰る事少ない旦那さん、お姑さん等がいらっしゃらない妊婦のお嫁さんがいらっしゃるご家庭等は是非腰を優しくさすってあげてください。

少し気持ちからもなんとなく楽になります。また優しく声掛けしてあげてください。

妊婦さんはたぶんきっと全員ではありませんが、頑張って仕事している旦那さんにかなり無理してつらいこと秘めてたりします。

もう私は出産する事はありませんが、腰痛やつわり、痛みを乗り越えて出産した赤ちゃんはとっても感動!いいものです。

最近は別件で年齢による肩こりや腰痛が少しずつ増えてますが、スポーツストレッチしてたらあんまり腰痛もありません。

出産後に旦那さんとスポーツストレッチに行ったりするのもいいかもしれませんね。私はありませんが、これから出産予定妊婦さんに是非お勧めします。

※妊婦中は安静第一です。そういえば、腰痛といえば旦那もヘルニアによる腰痛もちでした。

引っ越しを機にベッドもマットも一新!でも検討時間が短くてちょっと後悔しています

今度引っ越す家の寝室は、今まで住んでいたアパートの寝室より広めなので、新しくベッドもベッドマットも買い替えることにしました。

ベッドを買い替える機会は人生でそうないので、結構大きな決断です。

今まで使っていたベッドは某有名ベッドメーカーのシングルサイズのベッドでした。

ベッドマットはスプリングが入っているタイプで、寝返りを打つたびにマットごとポワンポワン揺れるので、とっても寝心地が悪いのです。

今度こそ、自分に合ったベッドマットを手に入れるべく、とりあえず近所の大型家具店に行ってみました。

たくさんのベッドとベッドマットが並べられているのを眺めていて、ふと、せっかく引っ越し先の部屋が広いんだからここはいっその事キングサイズを買ってしまおう!

と思い立ち、店員さんを呼びました。

ところが、そこのお店ではキングサイズは取り扱っていないとのこと。一番大きなサイズはクイーンなのだそうです。

出鼻をくじかれたけれど、気を取り直してクイーンベッドのコーナーを案内してもらいました。

日本では、キングサイズやクイーンサイズのベッドを買うご夫婦よりも、シングルベッドやセミダブルベッドを二つくっつけて使用するご夫婦の方が多いとその時店員さんから説明されました。

なるほど、確かに違うベッドくっつけて寝れば相方が寝返りうってもこちらまで揺れないもんね。

などと納得しながら、お安いお値段でそこそこオシャレなベッドを見学。

ベッドマットも、マットの中身がわかるように断面がカットされた見本を見ながら、スプリング+低反発マット、スプリング+こう反発マット、スポンジ+高反発マットなどなど、多種多様な素材の組み合わせのマットレスの説明を聞きました。

実際に寝てみても良いと言われたので、靴のまま横になってみたものの、ほんの数分じゃ全然良い物か合わない物かがわかりませんでした…。

結局、ベッドマットの種類の豊富さと、かなり安いベッドだけど壊れないものかちょっと悩み、当日に決める事はしませんでした。

そうこうしているうちにあっという間に引っ越しまで1週間…そろそろ本当に決めなければ、という事で、こないだはお安い大型家具店に行ったから、今度は輸入家具などを扱っているオシャレな家具屋さんへ行ってみました。

そこでもやはり、キングサイズは特注になってしまうと言われてしまい、本格的にクイーンサイズで妥協しなければいけない空気が流れてきました。

ガッカリしつつベッドコーナーに行ってみると、マホガニー材で出来た高さがあまりないタイプのベッドに、一緒に行った相方が一目惚れしてしまいました。

私としてはキングサイズでシモンズのベッドマットに白いベッドカバーが夢だったのに~。でもベッド自体を相方が選んだので、マットは私が選べる事になりました。

そこでいくつかのベッドマットに寝転がってみたものの…う~ん。やっぱりわからない…。

結局お店のお兄さんが、30年ヘタりません!シリコンみたいなのが体を点で支えるので、腰痛もありません!と熱くおススメしてくれたベッドマットを購入しました。

もっと余裕を持って、マットもベッドも選べたら良かったなぁと未だに少し後悔しますが、ベッドマット自体は確かに腰痛は軽減されたので問題なく使えています。

でも、次にベッドとベッドマットを買い替える機会がやってきたら、キングサイズのベッドにシモンズのベッドマットを…と夢見ている私でした。

椅子を変えれば、慢性的な腰痛はきっと直ります。

私はデスクワークが多く、主にパソコンでの作業を日に8時間以上こなさなければなりません。

休憩時間にストレッチ運度を行うなど、気を付けてはきたのですが、やはり仕事に没頭すると、忘れてしまいますし、また姿勢も悪くなってしまいます。

このせいか、35歳を過ぎたころから、慢性的な腰痛を感じるようになってしまったのです。

本来人間というものは二足歩行の動物ですので、背骨というのも立った姿勢にあった構造になっているそうです。

この意味では座るという馴染みがある姿勢も、本来は不自然な姿勢であるわけなのです。

特に椅子が悪い場合、自分の身体にあっていない場合は、とてもよくありません。

慢性的に不自然な不可がかかり、これが腰痛につながってしまうというわけなのです。

そこで、私は奮発して、高いオフィス・チェアを購入することを決意しました。

いい加減40近いおっさんなので、少しぐらい仕事につかうもので贅沢してもよいだろうと思ったのです。

そしてネットショップングなどで、調査を重ねると、アーロンチェアというものが評判が高いということが分かりました。

なんと10万円ほどもする高級な椅子なのですが、すわり心地の評価は非常に高かったです。

まず、自分の身体にあった者というのが、椅子選びの鉄則といわれているので、稼働部分が多い椅子、つまり調整が細かく出来る椅子というのがいいのです。

高さは当然として、ひじの高さ、腰のサポート部分の隙間調整など、調整出来るものが望ましいです。こうなってくると、やはり5万円ぐらいは、かならずかかってしまうようです。

さて、家具屋で実際座ってみようと思ったのですが、近所の家具店などには置いていませんでした。

そこで横浜まで出かけて行って大塚家具に行きました。

非常に高級路線なので入りにくいのですが、物は完璧に近い品ぞろえで、ゆったりとすわり心地を試すことができるので、大変おすすめです。

座ってみると、アーロンチェアはやはり別格でした。座っただけで正しい姿勢になっているのがすぐに実感できました。

ひじの部分も調整できるし、パソコンを行う時も助かります。腰のサポートも調整してみたところ、ぴったりとした位置に変えることができました。

大塚家具には申し訳ありませんが、帰った後ネットショッピングで同じものを安く購入しました。

それいらい慢性的な腰痛とは無縁になりました。高い買い物でしたが、針治療やら整体など行くお金を考えたらよい腰痛対策だったと思います。